DVD規格制定の歴史

1995年 DVDコンソーシアム設立
高画質映像の記録用に次世代光DISCとしてソニー・フィリップス両社がMMCDを、東芝・パナソニックその他大手家電メーカーがSDを開発したことに端を発し、製品化に当たり規格分裂回避のため、日立製作所、松下電器産業、三菱電機、フィリップス、パイオニア、ソニー、トムソン、タイム・ワーナー、東芝、日本ビクターの各社により、高画質映像の規格制定・普及促進・ライセンス管理を目的とする「DVDコンソーシアム」という業界団体を設立して双方の規格を融合、1995年にDVD specification Version 1.0が発表され、1996年に基本のDVD規格が定まりました。

1997年 DVDコンソーシアムをDVDフォーラムに改組
DVDフォーラム http://www.dvdforum.org/forum.shtml
よりオープンな組織とするために「DVDフォーラム」に改組されました。

2010年2月時点の参加企業は以下の19社。
1. Hitachi, Ltd.
2. IBM Corporation
3.Industrial Technology Research Institute
4. Intel Corporation
5.LG Electronics Inc.
6.Memory-Tech Corporation
7.Microsoft Corporation
8.Mitsubishi Electric Corporation
9.NEC Corporation
10.Panasonic Corporation
11.Paramount Pictures Corporation
12.PIONEER CORPORATION
13.SAMSUNG ELECTRONICS CO., LTD.
14.SHARP CORPORATION
15.Sony Corporation
16.Technicolor
17.Toshiba Corporation
18.Walt Disney Pictures and Television
19.Warner Bros. Entertainment Inc.
改組当初は日本の三洋電機も名を連ねていました。

現在のDVDフォーラム加盟企業はこちら。
http://www.dvdforum.org/about-memberlist.htm

1998年

DVDコンソーシアム参加企業により2つのパテントプールが設立されました。
・DVD3C ソニー、フィリップス、パイオニアにより設立。
以後、LGが加わり、現在はOne-Redに移行しています。
http://www.one-red.com/

・DVD6C 東芝、日立、松下、三菱電機、日本ビクター、タイムワーナーにより設立。
(ライセンスプログラム開始は1999年)
以後、三洋、SAMSUNG、シャープが加わり現在9社が参加しています。
http://www.dvd6cla.com/

2000年 4月14日、DVDFLLC設立
DVDロゴの管理会社として以下の10社がそれぞれ10%の出資で設立されました。
株式会社東芝
株式会社日立製作所
Koninklijke Philips Electronics N.V.
松下電器産業株式会社
三菱電機株式会社
日本ビクター株式会社
パイオニア株式会社
ソニー株式会社
THOMSON multimedia S.A.
Time Warner

DVD FLLC社が発行するライセンスは、DVDフォーラムが策定した規格の使用を希望する製造企業に対して、その規格の使用を許諾するものです。
またDVDロゴは、DVD FLLC社の登録商標で、DVDフォーマットに対する規格適合を示すものです。従って、各種DVDロゴは、DVD FLLC社のライセンスを取得し、規格検証に合格した製造会社のみがその製品に該当するDVDロゴを表記することができます。
各種DVDロゴはDVD FLLC社のWEBサイトで公開されています。
(リンク先:http://www.dvdfllc.co.jp/pdf/DVD-Application-Logo.pdf

つまり、DVDロゴは正規にDVD関連製品を製造するライセンス取得メーカーだけが表記できるものということになり、DVD-Rのデュプリケーションなどの場合には表記できません。

2001年 DVD+RWアライアンス http://www.dvdservices.org/
DVDフォーラムのDVD-RAMに反発してMMCD( http://ja.wikipedia.org/wiki/MultiMedia_Compact_Disc )を開発したソニーとフィリップス(オランダ)が中心となり、DVD+RW/+R規格を普及促進するため、米ヒューレット・パッカード、仏トムソン・マルチメディア、三菱化学メディア、ヤマハ、リコーが参画して2001年3月にDVD+RWアライアンスが設立されました。
現在の参加企業は下記の8社。

Dell Inc.(デル)
Hewlett-Packard Company(ヒューレット・パッカード)
MITSUBISHI KAGAKU MEDIA CO.,LTD.(三菱化学メディア)
Royal Philips Electronics Inc.(フィリップス)
RICOH Company, Ltd.(リコー)
Sony Corporation(ソニー)
Thomson SA(トムソン)
Yamaha Corporation(ヤマハ)

サブコンテンツ

このページの先頭へ