DVDのライセンス

DVDディスクに関するライセンス

・DVDに関するライセンス全般
1995年にDVDの基礎技術を開発した企業が、DVDコンソーシアムを業界団体として発足、1997年によりオープンな組織として「DVDフォーラム」に改組しました。
現在のDVDフォーラム参加企業はこちらのページで紹介されています。
http://www.dvdforum.org/about-memberlist.htm
DVDフォーラムでは下の各規格を提唱しています。

・DVD規格
DVD-R
DVD-RW
DVD-RAM
DVD-VR
DVD-Video
DVD-Audio
DVD-ROM

・HD DVD規格(HD-DVDは2008年に実質的に終息しました)
HD DVD-R
HD DVD-RW
HD DVD-RAM
HD DVD-ROM

・DVDフォーラムが提唱する書き込み可能なDVD
業務用には1回書込みのDVD-RとDVD-R DLが主に利用されています。

■DVD+RWアライアンスが制定

DVDフォーラムの規格と異なるため、厳密にはDVDロゴは表示できません。
http://www.dvdservices.org/

DVD+RW/+R規格を普及促進するために、DVDフォーラムのDVD-RAMに対抗してMMCD( http://ja.wikipedia.org/wiki/MultiMedia_Compact_Disc)を開発したソニーとフィリップス(オランダ)の2社に、2001年3月に米ヒューレット・パッカード、仏トムソン・マルチメディア、三菱化学メディア、ヤマハ、リコーが参画して設立されました。

現在の参加企業は8社。

Dell Inc.(デル)
Hewlett-Packard Company(ヒューレット・パッカード)
MITSUBISHI KAGAKU MEDIA CO.,LTD.(三菱化学メディア)
Royal Philips Electronics Inc.(フィリップス)
RICOH Company, Ltd.(リコー)
Sony Corporation(ソニー)
Thomson SA(トムソン)
Yamaha Corporation(ヤマハ)

現在、片面2層のDVDビデオ書込み媒体として、DVD+R DLが多くのDVDプレーヤーで対応媒体として使用されています。

=DVD製造に必要なライセンス=

DVDに関する特許は多くの企業が保有しているため、1枚のDVDディスクを制作するためには個々の特許権者との契約が必要となりますが現実的には不可能。
そこでDVDフォーラム参加企業により2つのパテントプールが設立されました。

DVD3C→OneRed
現在日本では、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン社がOne-Redのライセンスプログラムを担当。

DVD6C
現在、東芝DVDライセンス株式会社がDVD6Cのライセンスプログラムを担当。

One-RedとDVD6CはDVDの技術的な特許管理を行うことを役割としていますが、DVDのロゴ使用権の管理を担う組織としてDVDFLLCが設立されました。

DVDFLLC
DVDフォーマットロゴライセンシング株式会社がライセンス契約窓口。
DVDプレスメーカーのほかに、DVDプレーヤー等の機器メーカーとのライセンス契約に基づき、DVDロゴの使用許諾を発行します。

つまり、One-Red、DVD6CがDVD機器やDVDディスクに関する技術ライセンスの提供、DVDFLLCがライセンスされた製品(機器・DISCとも)にロゴ表記使用許諾をするということになります。

=DVDビデオDISC製造に関するライセンス=

MPEG LA
DVDビデオの映像データフォーマットとして利用されるMPEG2に関するライセンス管理はMPEG LA社が窓口になります。

CSS
CSSは一般にDVDビデオのデジタルコピーガードと認識されていますが、実際には不正閲覧防止のためのコンテンツ制御記述です。

DVD Copy Control Associationによりライセンスされています。

APS
APSは一般にマクロビジョンと呼ばれるデジタルコピーガード技術です。
VHSビデオにも適用される技術で、ROVI社との契約が必要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ